箱根V原監督、青学メソッド「笑え」「迷ったら攻めろ」「うまくいかない時は日々の積み上げが大事」

箱根V原監督、青学メソッド「笑え」「迷ったら攻めろ」「うまくいかない時は日々の積み上げが大事」
event_note 2022/01/04 18:05
921 view

箱根駅伝で2年ぶり6度目の総合優勝を果たした青学 原監督「迷ったら攻めろと。パワフルな攻めのレースをしてくれた。社会全体に言えることですが、迷ったら攻めろです」「うまくいかない時は日々の積み上げが大事。課題を見つけてゴールに向けてどうアレンジしていくか。そういう習慣が身についているのがわがチームの強み。教育機関として、陸上を通して学生たちが学んでいる」

【第98回箱根駅伝】10時間43分42秒 大会新記録

format_quote

原監督による青学メソッドがあふれる逸話の数々。2区を走った近藤幸太郎(3年)が「ラスト3キロがきつかった。(監督から)笑って戸塚の坂を登れと言われたけど、全然笑えなかった」と苦笑。それに原監督は「笑うことでテンションが上がる物質セロトニンが(脳内に)出てくる。こちらも(監督車から)“行けるよ、行けるよ”と語尾を上げることで気持ちが上がってくる」と解説した。

出典:https://www.nikkansports.com/sports/athletics/news/202201040000120.html

箱根V原監督、青学メソッドの一端解説 2区近藤にあえて「笑え」の意図は

このノートの投稿者

SPORTSNOTE公式

人気のキーワード話題になっているキーワード!

local_offer選手名鑑 local_offer選手の言葉 local_offer名シーン local_offerプレイバック
keyboard_arrow_up