日本人選手として最多となるMLB通算129セーブ、NPB/MLB通算で381セーブ、佐々木 主浩

日本人選手として最多となるMLB通算129セーブ、NPB/MLB通算で381セーブ、佐々木 主浩
event_note 2019/04/21 21:16
1,387 view

佐々木 主浩(ささき かづひろ、1968年2月22日 - )は、元プロ野球選手(投手)。日本プロ野球(以下:NPB)、メジャーリーグベースボール(以下:MLB)で抑え投手として活躍。日本人選手として最多となるMLB通算129セーブ、NPB時代だけで歴代3位となる252セーブを記録するなどNPB/MLB通算で381セーブ(日本人史上初の通算300セーブ)を記録し、抑え投手として一時代を築いた。愛称は「大魔神」、MLBでも "Daimajin" という異名で呼ばれた。

こんなの打てるか!歴代最強の守護神 大魔神佐々木の全盛期

format_quote

最速154km/hの速球と数種類のフォークボールを武器とした他、120 km/h台のカーブも混ぜ、2003年にはカットボールも投げた。

握力が非常に強く、佐々木の投げる落差の大きなフォークは、「2階からのフォーク」とも形容された。カウントを取るための遅いフォークと三振を奪うための速いフォークを投げ分けた。フォーシームの握りで速球を投げるように手首を固定せずスナップを利かせて回転をかけることで投げる140km/h前後のフォークと、手首を固定しほぼ無回転のチェンジアップ気味のフォークを投げ、縫い目にかける指を調節することで軌道を左右に振り分けることもできた。ボールにわずかなジャイロ回転を掛けることで落差が増し、回転しているので打者にフォークと判別され難い。また、握りで球種を見破られることを防ぐために横幅の広い特注のグラブを作った他、リリースの瞬間に速球の握りからフォークの握りに変えるなどの工夫も凝らした。

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BD%90%E3%80%85%E6%9C%A8%E4%B8%BB%E6%B5%A9

選手としての特徴

佐々木主浩★MLB史上最速100セーブ

佐々木主浩 史上最強のストッパー ~ブルペンの戦い~ パート1

このノートの投稿者

SPORTSNOTE公式

keyboard_arrow_up