高校時代のイチロー選手、「やらされている百発より、やる気の一発」

高校時代のイチロー選手、「やらされている百発より、やる気の一発」
event_note 2021/12/24 16:26
523 view

いくら指導者が熱を入れても、選手側が「やらされている」という意識でダラダラ練習をしていたのでは何の進歩もない。
やる気の一発は、やらされてすることの百発にも勝る。
そのことを誰に言われずとも実践し、自らの道を開拓していったのが高校時代のイチローだった。

イチローの高校時代の恩師が回想する、鈴木一朗に教えられたこと

format_quote

人にやらされてすることを好まず、自らが求めて行動する、という意識が抜群に強かったのだろう。
その姿勢は日常生活の中でも貫かれており、彼は人の話はよく聴くものの、それを取り入れるべきか、弾いてしまうべきかについての判断を非常に厳しく行っていた。
友達同士で話していても、自分の関心のないことに話題が及ぶと、ふいとどこかへ消えてしまう。
そんな、わがままとも、一本筋が通っているともいえる「選択の鋭さ」が彼には備わっていたのだ。

「下手な鉄砲、数打ちゃ当たる」といわれるが、スポーツはただ練習量をこなせば上達していくものではない。監督の役割はチームを束ねることだけで、本人が真に成長するポイントは教えて教えられるものではない

出典:https://www.mag2.com/p/news/400263

グラウンドに幽霊が出る?

イチロー選手の高校時代①(打撃・走塁)

イチロー選手の高校時代②(投球)

イチロー選手の高校時代③(打撃・走塁)

このノートの投稿者

SPORTSNOTE公式

人気のキーワード話題になっているキーワード!

local_offer選手名鑑 local_offer選手の言葉 local_offer名シーン local_offerプレイバック
keyboard_arrow_up