【気持ちの入れ方で球の質を変えることはできる】大阪桐蔭エース・柿木の練習、試合への取り組み

【気持ちの入れ方で球の質を変えることはできる】大阪桐蔭エース・柿木の練習、試合への取り組み
event_note 2018/08/18 08:31
3,028 view

試合前日の調整で重視するのは「体のキレ」短いダッシュで全身の神経を起こすイメージを持って走る。

投手の練習で大事だと思う練習メニューは?

format_quote

試合前日の調整で重視するのは「体のキレ」だそうです。

 試合前日に取り組んでいるのは、30メートルの短距離ダッシュ6本。「自分は体がでかい(181センチ、85キロ)ので、短いダッシュで全身の神経を起こすイメージを持って走ります」

 試合まで日がある通常練習では、300メートルの長距離ダッシュ10本を走り、体力を養っています。

 他にも、右手を振り下ろす投球時の筋力を鍛えるため、腹筋運動に右ひじと左ひざをくっつける動作を加えたり、マウンドを蹴り上げるイメージで、スクワットにジャンプを採り入れたり。投球を意識した動きを練習に組み込むと、実戦にも役立つそうです。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180818-00000017-asahi-spo

大阪桐蔭エース・柿木に聞いた 大事な練習メニューは?

一番重要なのは「相手に向かう気持ち」と柿木選手

format_quote

「試合中に急に技術が上がることはないけど、気持ちの入れ方で球の質を変えることはできる」

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180818-00000017-asahi-spo

大阪桐蔭エース・柿木に聞いた 大事な練習メニューは?

このノートの投稿者

SPORTSNOTE公式

人気のキーワード話題になっているキーワード!

local_offer選手名鑑 local_offer選手の言葉 local_offer名シーン local_offerプレイバック
keyboard_arrow_up