【#マイケルジョーダン】「史上最高のバスケットボール選手」平均得点は30.12点でNBA歴代1位

【#マイケルジョーダン】「史上最高のバスケットボール選手」平均得点は30.12点でNBA歴代1位
event_note 2022/02/12 09:04
644 view

インサイドでは華麗なムーヴから生み出すダンク、独創的なステップから繰り出すレイアップを多用。アウトサイドでは長い滞空時間を活かして流麗なフォームからジャンパーを放つなど、幅広いオフェンススキルを駆使して得点を量産した。

マイケルジョーダンを伝説にしたフリースローダンク

format_quote

初期のジョーダンのトレードマークは“Air”と形容される豪快なダンク、空中で体勢を変えてディフェンダーをかわすダブルクラッチなど、ほかの選手が決して真似できない空中でのプレイであった。加齢に伴い、運動能力が低下したキャリア後期にはプレイスタイルを変え、ディフェンダーから遠ざかりつつ放つフェイドアウェイを必殺武器にしてミドルレンジから多くの得点を奪うなど、臨機応変にキャリアを通じて得点能力の高さは維持された。

一方で長距離シュートを担うSGでありながら、スリーポイント試投数・成功数は多くなかった。成功数が100本を超えたのは2シーズンのみ(1995-96・1996-97)。名シューターと謳われる選手のほとんどがキャリアで1,000本以上を記録する昨今において、ジョーダンの通算成功数は581本(レギュラーシーズンに限定)と決して多くない。また1990年のオールスター前夜祭のスリーポイントコンテスト出場時には、1988年にデトレフ・シュレンプと並ぶ歴代最小の5本に終わる。

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%82%B1%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%BC%E3%83%80%E3%83%B3#%E9%81%B8%E6%89%8B%E3%81%A8%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%AE%E7%89%B9%E5%BE%B4

選手としての特徴

Michael Jordan Top 50 All Time Plays

このノートの投稿者

SPORTSNOTE公式

人気のキーワード話題になっているキーワード!

local_offer選手名鑑 local_offer選手の言葉 local_offer名シーン local_offerプレイバック
keyboard_arrow_up