54年ぶりの開幕スタメン、ロッテのドラフト1位藤原恭大外野手(18)がプロ初安打

54年ぶりの開幕スタメン、ロッテのドラフト1位藤原恭大外野手(18)がプロ初安打
event_note 2019/03/29 14:55
1,102 view

球団高卒新人では65年山崎裕之以来54年ぶりの開幕スタメン。12球団で見ても昨季、米・大リーグで新人王を獲得した大谷翔平(日本ハム)が13年に出場して以来の14人目の快挙だった。

ロッテのドラフト1位藤原恭大外野手(18)がプロ初安打

format_quote

50メートル5秒7の快足を飛ばし悠々セーフ。18歳のプロ初安打に球場が湧いた。「抜けてくれというかヒットになればいいと思って走った。きれいなヒットじゃなかったけど、これからああいうヒットが生きてくると思う」。大阪から応援に駆けつけた両親へ最高のプレゼントとなった。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190329-03291279-nksports-base

ロッテ藤原「抜けてくれと」両親の前でプロ初安打

このノートの投稿者

SPORTSNOTE公式

keyboard_arrow_up