【憧れの場所」にたどり着いた堂安律】目指すのは、ポルトガル代表ロナウドが得意とするワンタッチゴール

【憧れの場所」にたどり着いた堂安律】目指すのは、ポルトガル代表ロナウドが得意とするワンタッチゴール
event_note 2018/09/05 09:08
1,054 view

東京五輪世代のU-21代表を飛び越えて、森保ジャパンに大抜擢された20歳のMF堂安律(FCフローニンゲン/オランダ)が4日、札幌市内で行われている日本代表合宿に1日遅れで合流した。

「憧れの場所」にたどり着いた堂安律

目指すのは、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)が得意とするワンタッチゴール

format_quote

「自分の特徴が出るポジションだと思うので、イメージするというよりは実際にプレーしてみたい、トライしたいポジションです。ただ、自分は試合前にあまり考えすぎないタイプなので。考えすぎちゃうと頭がいっぱいになるので、ひとつひとつやっていきたいですね」

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180905-00000002-wordleafs-socc&p=3

20歳の「愛される男」堂安律は森保Jデビュー戦で何を魅せるのか?

ワールドカップ落選の悔しさを胸に

format_quote

キレ味抜群の仕掛けと類まれなるシュートセンスで、堂安選手は、東京オリンピック世代の中心選手として突っ走ってきました。23歳以下で構成される、サッカーのオリンピック代表。A代表とオリンピック世代を兼任する森保-新監督は「世代間の融合」をひとつのテーマに掲げています。
堂安をロシアワールドカップにーー浮かび上がるW杯代表待望論。しかし、「行きたかったな、ワールドカップ…」。結果も手ごたえもつかんだ、それでも手に入らなかったロシア行きの切符。「逆にこれでモチベーションが上がらない選手がいるのかというくらいの感動を与えてもらって。目の前に、こんなチャンスがあったっていうことを考えると、すごく後悔した自分もいた」と語り、悔しさを隠しません。

出典:https://www.fujitv.co.jp/muscat/20180598.html

森保JAPANのエース候補、堂安律。ワールドカップ落選の悔しさを胸に

関連するノート サッカー日本代表

このノートの投稿者

SPORTSNOTE公式

keyboard_arrow_up