【苦戦の敵将が脱帽した右腕の武器】マメで降板の大谷翔平も、ピッチング内容に感銘

【苦戦の敵将が脱帽した右腕の武器】マメで降板の大谷翔平も、ピッチング内容に感銘
event_note 2018/06/08 14:02
2,003 view

何よりも感銘を受けたのは、同じ速球の中で緩急をつけられることだったという

速球の中で緩急をつけられることだけでもメリットはある

format_quote

ロイヤルズのネド・ヨスト監督は、これまでも二刀流として結果を残す大谷について称賛の声を惜しまなかったが、試合後もそれは変わらなかった。23歳右腕のピッチングを自身の目で初めて見た敵将は「マメだって? そうは言っても97、98マイル(約156、158キロ)は出ていただろ。スライダーもスプリットも良かった。ベストな状態ではなかっただろうが、いやいや、かなり良かったぞ」と苦笑いするしかなかった。

 何よりも感銘を受けたのは、同じ速球の中で緩急をつけられることだったという。

「97、98マイル(約156、158キロ)の剛速球をバシッと決めたかと思うと、92マイル(約148キロ)くらいの球を投げてくる。何だ、これは?と思ったよ。速球の中で緩急をつけられることだけでもメリットはある」

出典:https://full-count.jp/2018/06/07/post136035/

マメで降板の大谷翔平 苦戦の敵将が脱帽した右腕の武器

6/6 大谷翔平 本拠地でのロイヤルズ戦 5勝目をかけ登板

6/7 今日の大谷翔平を小宮山悟が徹底解説! エンゼルス×ロイヤルズ

このノートの投稿者

SPORTSNOTE公式

人気のキーワード話題になっているキーワード!

local_offer選手名鑑 local_offer選手の言葉 local_offer名シーン local_offerプレイバック
keyboard_arrow_up