【要所で光るプレーを見せた大阪桐蔭が接戦を制す!】よぎった昨夏の悪夢 九回2死マウンドで気合注入

【要所で光るプレーを見せた大阪桐蔭が接戦を制す!】よぎった昨夏の悪夢 九回2死マウンドで気合注入
event_note 2018/08/16 12:09
2,140 view

悪夢がよみがえった。2点リードの九回、2死二塁。投手の柿木(3年)を囲んでマウンドに集まった大阪桐蔭ナインが、苦笑いで顔を見合わせた。二塁手の山田(3年)が思わず「仙台育英戦やん」とこぼす。主将の中川(3年)は「去年の二の舞にはならんぞ」と気合を注入し、ポジションに散った。

要所で光るプレーを見せた大阪桐蔭が接戦を制す!

高岡商業エース山田龍聖

大阪桐蔭・山田健太、タイムリーツーベースヒット!

制球に苦しんだものの持ち味の変化球を巧みに使い5回1失点9奪三振の好投

主将の中川(3年)は「去年の二の舞にはならんぞ」と気合を注入

format_quote

涙を流したあの日から1年が経過。西谷監督は「日にちは違えど、(去年と同じ)第4試合で一塁側。野球の神様に大阪桐蔭がどれだけ成長しているのか、試されているような感じでした」。悪夢を振り払うように、最後の打者をきっちり仕留めてゲームセット。「選手たちの大きな成長が頼もしく、うれしく映りました」と、うなずいた。

 中川は「去年、超えられなかった壁を超えられて、ホッとしました。先輩に報告できればと思います」と、安どの笑み。悪夢を消し去り、史上初となる2度目の春夏連覇まであと3勝。準々決勝では浦和学院(南埼玉)と対戦する。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180816-00000107-dal-base

大阪桐蔭「仙台育英戦やん」よぎった昨夏の悪夢 九回2死マウンドで気合注入

このノートの投稿者

SPORTSNOTE公式

人気のキーワード話題になっているキーワード!

local_offer選手名鑑 local_offer選手の言葉 local_offer名シーン local_offerプレイバック
keyboard_arrow_up