岸孝之、糸を引くようなボール!凄いスピン量!

岸孝之、糸を引くようなボール!凄いスピン量!
event_note 2019/03/26 10:49
3,484 view

オーバースローから投げる平均球速約142km/h、最速152km/h(プロ入り後の最速は150km/h)のストレートに、110km/h台ほどで縦方向に大きく曲がるカーブ、チェンジアップ、スライダーの4種類を武器とした、緩急を生かした幅の広い投球が持ち味。

【岸孝之】必見!糸を引くようなボール!凄いスピン量!キレるカーブ!

format_quote

大学時代はスライダーを得意としていたが、プロに入ってスピードを求めた結果、自信のない球種となってしまったという。一般的にはカーブを称賛されることが多いが、イチローにはストレートに着目された。曰く、「スピードガンだけだと130後半そこそこなのに、みんながファウルだったり空振りだったりしている。多分、手から離れた時と実際に自分のところにきた時とでイメージが変わっているんだと思う」「真っ直ぐでカウントを奪えるピッチャーってのはなかなかいない」

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B2%B8%E5%AD%9D%E4%B9%8B

選手としての特徴

このノートの投稿者

SPORTSNOTE公式

keyboard_arrow_up