【甲子園初のタイブレーク】14回まで続いた激戦を佐久長聖が制す

【甲子園初のタイブレーク】14回まで続いた激戦を佐久長聖が制す
event_note 2018/08/06 13:16
1,536 view

佐久長聖(長野)が大会史上初のタイブレークに突入した旭川大高(北北海道)との1戦を5―4で制して2014年以来4年ぶりとなる夏1勝を挙げた。

佐久長聖、甲子園初のタイブレークを制し、2回戦へ

format_quote

藤原監督は歴史的な1勝に「粘って粘ってよくやってくれました」と興奮さめやらず。「タイブレークの経験が1回ぐらいしかなかったものでどうしようかなと考えてたが、その場その場のひらめきで確実にということで」と13回、14回はともに先頭打者に送りバントを指示。13回はバント失敗に終わったが、14回は真銅が絶妙な三塁線へのバントで安打として満塁とチャンスを広げ虎の子の1点をもぎ取った。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180806-00000126-spnannex-base

佐久長聖・藤原監督 史上初のタイブレークに「どうしようかなと」采配はひらめきで

このノートの投稿者

SPORTSNOTE公式

人気のキーワード話題になっているキーワード!

local_offer選手名鑑 local_offer選手の言葉 local_offer名シーン local_offerプレイバック
keyboard_arrow_up