【#榎谷礼央 /高校野球】「覚醒」のきっかけ「とにかく体重移動を前に、」という意識

【#榎谷礼央 /高校野球】「覚醒」のきっかけ「とにかく体重移動を前に、」という意識
event_note 2022/03/21 09:06
417 view

新フォーム改造への道のりは「そんなに大きく変わることはないだろう」と考えていた榎谷にとって、強烈だった。フォームに縦回転の意識を徹底的に植え付ける。ブルペンで投球する時は、左手でバットを持った。横から手が出ようとすると、バットが当たって壁になる。そのことで、強制的に縦回転を意識

抜群の制球力を誇る山梨学院・榎谷礼央

format_quote

榎谷が関東大会で見せた投球は、圧巻の連続だった。1回戦で自己最速となる143キロを計測すると、「超攻撃野球」を掲げた浦和学院との準決勝で144キロに到達。進歩したのは、球速ばかりではない。これまではファウルを打たせるのがやっとだったカットボールで、相手打者のバットが空を切る場面が増えた。昨秋の公式戦は山梨大会から全9試合に登板し、防御率1・05、与四死球率1・67。抜群の安定感で、関東大会準優勝の立役者になった。

 「明らかに腕が縦に振れるようになり、スピードも140キロを超えた。清水さんの指導を受けて、榎谷はめちゃくちゃ進歩しました」と吉田監督。素質は感じながらも「伸びるのは大学」と見ていた指揮官を驚かす成長ぶりで、プロ野球ドラフト候補に名前が挙がる存在になった。

出典:https://mainichi.jp/articles/20220320/k00/00m/050/087000c

山梨学院エース・榎谷礼央を覚醒させた長崎の「清水さん」 センバツ

このノートの投稿者

SPORTSNOTE公式

人気のキーワード話題になっているキーワード!

local_offer選手名鑑 local_offer選手の言葉 local_offer名シーン local_offerプレイバック
keyboard_arrow_up