【より速いサーブを打つために】インパクト時までは脱力、トスは20~30cm前ぐらいに上げるイメージで

【より速いサーブを打つために】インパクト時までは脱力、トスは20~30cm前ぐらいに上げるイメージで
event_note 2018/06/14 15:00
4,784 view

仁木拓人プロのサービス時に意識しているポイント

インパクト時までグリップを持つ手は脱力した状態

地面からのパワーを順番に身体の上に向かって伝えていくイメージ

足を蹴るタイミング、足からのパワーの連動が大事

フラット、スライスサーブの使い分け

トスは20~30cm前ぐらいに上げるイメージで

サービスにおいて高い打点で打てるところにトスを上げるのが前提

より加速をつけるために、トスアップをした時点では打つ腕のほうはあとから遅れて出てくるようにする

関連するノート 硬式テニス

このノートの投稿者

SPORTSNOTE公式

人気のキーワード話題になっているキーワード!

local_offer選手名鑑 local_offer選手の言葉 local_offer名シーン local_offerプレイバック
keyboard_arrow_up