【完璧さを求めず、逆に不完全な状況を利用する】東尾修が見る松坂大輔の投球

【完璧さを求めず、逆に不完全な状況を利用する】東尾修が見る松坂大輔の投球
event_note 2018/06/09 08:04
1,390 view

(セ・パ交流戦、中日5-4ソフトバンク、1回戦、中日1勝、8日、ナゴヤD)日本生命セ・パ交流戦は8日、各地で5試合が行われた。中日はソフトバンク1回戦(ナゴヤドーム)に5-4で勝利。松坂大輔投手(37)が先発し、5回を104球、3安打6奪三振の1失点で3勝目を挙げた。

完璧さを求めず、逆に不完全な状況を利用する術

format_quote

彼の打者の反応に対する観察眼がある。同じ速球でも、カットボール、フォーシーム、シュートと投げ分ける球種の多さ。走者を出してもまったく動じることのない精神力など、様々な要素はある。だが、私は一番の要素に「完璧さを求めず、逆に不完全な状況を利用する術」を持っていることが大きいと最近は感じている。

出典:https://dot.asahi.com/wa/2018060700008.html?page=1

松坂大輔は“不完全さ”が武器 東尾修が投球の秘密を解説

動く球に鷹脱帽…松田「きれいな直球1球もなかった」

format_quote

1安打も一回二死満塁で中飛に倒れた松田の話「直球を丁寧に投げていた印象。(球が)動いていたのでなく、動かしていたんでしょ。きれいな直球は1球もなかった」

出典:http://news.livedoor.com/article/detail/14838545/

動く球に鷹脱帽…松田

関連するノート プロ野球

このノートの投稿者

SPORTSNOTE公式

人気のキーワード話題になっているキーワード!

local_offer選手名鑑 local_offer選手の言葉 local_offer名シーン local_offerプレイバック
keyboard_arrow_up