【日本に負けてチームがまとまった】グループH 第2戦終了時の各国の感想、課題

【日本に負けてチームがまとまった】グループH 第2戦終了時の各国の感想、課題
event_note 2018/06/25 11:24
2,308 view

日本代表、2大会ぶりの決勝トーナメント進出が見えてきました。サッカーのワールドカップ、日本は2戦目も格上のセネガルを相手に常に先行を許す展開となりましたが、その都度追いつき価値ある引き分け。グループリーグ突破へ大きく前進

日本代表、乾&本田3大会連続弾でセネガルと引き分け

後半33分、交代で入った本田の3大会連続、日本代表最多となるW杯通算4本目

本音を言えば今日決めたかった。これがワールドカップの厳しさ

ボールも支配しながらチャンスも作れていた中で、勝ち切るところが足りなかった。次に向けて修正したい

攻守両方にゴール前の精度をもっと上げていかないといけない

同点ゴールは得意の形。どこかでああいうゴールを打ちたいと思っていた

ポーランド戦のカギは強い気持ち、戦う気持ちとチームがひとつになること

セネガルはタフなチーム。結果に関しては次につながる内容・結果と受け止めなければならない

セネガル監督 第3戦までもつれるが、これも予想通り。コロンビア戦はすべてを懸けて戦う

レバンドフスキ ワールドカップでは懸命に戦うだけでは勝利につながらない

フアン・クアドラード 「日本に負けてチームがまとまった」

関連するノート サッカー日本代表

このノートの投稿者

SPORTSNOTE公式

人気のキーワード話題になっているキーワード!

local_offer選手名鑑 local_offer選手の言葉 local_offer名シーン local_offerプレイバック
keyboard_arrow_up