錦織圭選手の気になるガット、ポンド数は?

錦織圭選手の気になるガット、ポンド数は?
event_note 2018/05/29 13:42
2,968 view

ほとんど公(おおやけ)に宣伝されていないが、ウィルソン関係者からの話だと、2015年の半ばあたりから錦織選手はこの「ルキシロン4Gソフト」を使っているとのこと。

錦織復帰 手首負担軽減“ゆるゆる”ガットに手応え

format_quote

この日、錦織のストリングスの張り強度は37ポンドだった。通常の50ポンド弱よりも約10ポンド以上低い。張りが緩いと軽い力で球を飛ばせるため、手首への負荷を軽減できる。復帰戦は、手首保護が最大のテーマだった。
手首は完治しているが「100%(痛みが)なしではない。あと、何週間もすれば、痛みもゼロになってくると思う」と観測を示した。“ゆるキャラ”になったのはその道中で手首に負荷をかけないためだ。今後の強度は未定ながら、通常の50ポンド弱まで徐々に戻していくとみられる。

出典:https://www.nikkansports.com/sports/news/201801250000132.html

通常は50ポンドだが、手首保護のために37ポンド前後で復帰戦に挑む。

気になるガットは、ウイルソン(ウイルソン) 4G SOFT 125

format_quote

「もっとボールをしばきたいんです」という錦織の声に応え、ルキシロンの中でもしなやかさと柔らかさが特徴の「4G」にさらなる改良を施し、しっかりと叩けて、かつ球乗りがよく食いついて、コントロールがブレないストリングスに仕上げたのが「4G Soft」だ。
思い切りボールを叩くことを「しばく」と表現する選手は多いが、「しばい」てもきっちりとボールが狙ったところに収まり、かつスピンもかかる。冒頭の錦織のコメントは、ただ叩くだけでなく、ディフェンスでもこのモデルの特徴がよく現れていること

出典:https://www.tennis-shop.jp/fs/tennis/11-000348

錦織選手、S.ウイリアムズ選手を初め、プロ選手が多数使用。 ルキシロン4Gは分子鎖の秩序化により、テンション維持性が30%向上。

関連するノート テニス

このノートの投稿者

SPORTSNOTE公式

人気のキーワード話題になっているキーワード!

local_offer選手名鑑 local_offer選手の言葉 local_offer名シーン local_offerプレイバック
keyboard_arrow_up