【#佐々木朗希】通算284勝の山田久志氏は、「佐々木のフォームは素晴らしいの一言に尽きる」

【#佐々木朗希】通算284勝の山田久志氏は、「佐々木のフォームは素晴らしいの一言に尽きる」
event_note 2022/04/27 09:08
487 view

「身長190センチで手足も長い。そういう選手が全身をフルに使って投げようとするとバランスを崩しがちですが、佐々木にはそれがない。そこが一番の凄さでしょう。よく“腕を振り切れている”という表現をしますが、佐々木は腕を振れば振るほどストライクが投げられるフォームです。今の佐々木ならストライクゾーンに投げておけばまず打たれません。結果、ストライク先行となり、三振も取れる」

全身を使い切るフォームだけに、体のケアが重要になるという。

format_quote

「オーバーとアンダーの違いはあれど、私も全身を使うフォームだったので分かりますが、疲労度は大きい。肩やヒジのケア、全身を強くするスケールアップは必須でしょう。時代が違うと言われそうですが、私たちの頃は練習をしながら疲れを取った。オフでも腕や肩に完全休養を与えず、軽めのピッチングを週の半分はやっていましたね」

出典:https://news.yahoo.co.jp/articles/3660e043cb6ee673e727431d56c559ab5b7630fd

山田久志氏、佐々木朗希の投球フォームを絶賛 長く活躍するカギはオフの過ごし方

山田久志 1984年 広島x阪急 日本シリーズ 第一戦

関連するノート プロ野球

このノートの投稿者

SPORTSNOTE公式

人気のキーワード話題になっているキーワード!

local_offer選手名鑑 local_offer選手の言葉 local_offer名シーン local_offerプレイバック
keyboard_arrow_up