ロッテ・涌井、2010年7月16日のロッテ戦(千葉マリン)以来9年ぶりの無四球完封勝利

ロッテ・涌井、2010年7月16日のロッテ戦(千葉マリン)以来9年ぶりの無四球完封勝利
event_note 2019/04/17 00:59
903 view

ロッテ・涌井は9回2死、牧原を直球で遊ゴロに仕留めて3回2死二塁から19者連続アウトに打ち取った。今季3試合目での初勝利は西武時代の2010年7月16日のロッテ戦(千葉マリン)以来9年ぶりの無四球完封勝利になった。

2010年7月16日のロッテ戦(千葉マリン)以来9年ぶりの無四球完封勝利

format_quote

「いつも四球を出す人なので…。きょうはそれがなかったことが、よかったですね」

 32歳の技術と決断が生きた。今季初先発だった2日の西武戦で4回5失点。「コースを狙い、カウント不利になった。四球よりはヒットだと思った」。この開き直りに「追い風」も吹く。バックネットに当たる風が、投手へ跳ね返るZOZOマリン特有の風。「低く押さえつけて投げると球が浮く」と涌井。最速146キロの浮く球で押し27アウトのうち、13個までがフライアウトだった。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190416-00000177-spnannex-base

涌井「いつも四球を出す人なので…」“マリンの風”追い風にフライアウト13個 9年ぶり無四球完封

このノートの投稿者

SPORTSNOTE公式

keyboard_arrow_up