【#中田英寿 /選手名鑑】フィジカルモンスター、華麗なゲームメイク、W杯3大会連続出場

【#中田英寿 /選手名鑑】フィジカルモンスター、華麗なゲームメイク、W杯3大会連続出場
event_note 2022/02/15 09:16
855 view

イタリア語、英語が堪能で、スペイン語、ポルトガル語、フランス語、ロシア語でも簡単な会話ができるという。高校生のころからセリエAへの移籍を考えてイタリア語の勉強を始め、イタリアへ渡って2か月後には通訳なしで会話できるようになっていた。さらにボルトンへの移籍会見では、50分間通訳を通さず英語で応対。イタリアにいるころから英語の家庭教師についており、英語のインタビューには英語で応じていた

format_quote

中田英寿のプレースタイルの凄さは、トップ下からの華麗なゲームメイクです。

・プレッシャーが厳しいトップ下と言われるミッドフィルダーでのプレー
・屈強なフィジカル力と勝負強さでボールをキープする強さ
・キラーパスと呼ばれたスルーパスで決定的なパスを出すテクニック

正確なボールコントロールと的確なパス技術で鋭いスルーパスを決め、重要な局面でミドルシュートを決めました。

出典:https://activel.jp/football/MDEzy

プレースタイル

中田英寿 伝説の試合

【中田英寿プレー集】中田が伝説となったゴール | ローマ編

format_quote

日本代表の初出場となった1998年フランスW杯では、チームの核としてグループリーグ全3試合にフル出場。中田のプレーは海外のクラブに認められ、W杯後獲得に名乗りをあげたクラブは12にのぼった[注 7]。アーセナル、ユヴェントスFCというビッグクラブは、レンタルに出される危険性があったために選択せず[9] 、同年7月、21歳でイタリアのセリエA・ペルージャへ移籍金470万ドルで完全移籍した[10]。

1998-1999シーズン開幕戦で、ジネディーヌ・ジダンを擁する強豪ユヴェントスFCから2ゴールを奪うセンセーショナルなデビューを飾ると、年間10得点(うちPK4得点)をあげるというミッドフィールダーとしての当時の日本人海外リーグ最多得点記録を打ち立て、イタリアの有力スポーツ誌グエリン・スポリティーボが選出するセリエA初年度の外国人選手を対象にしたセリエAサプライズ賞に選ばれた。

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E7%94%B0%E8%8B%B1%E5%AF%BF#%E3%82%A8%E3%83%94%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%83%89

ペルージャ - ローマ時代・1998年W杯(1998年-2001年)

中田英寿 プレー集 -HIDETOSHI NAKATA The Legend-

format_quote

1999-2000シーズン開幕前には中田に興味を示す欧州のクラブが続出したが、ペルージャが移籍金を釣り上げたため契約には至らなかった。この時点で最も獲得に熱心だったクラブはリーグ・アンのASモナコといわれる[11]。シーズン途中に1600万ドルで名門ASローマへ移籍。これは監督だったファビオ・カペッロの強い希望により実現したものとされる[注 8]。当初はボランチで起用されることが多く、フランチェスコ・トッティが欠場した時などに従来のポジションであるトップ下で出場した。しかし、トッティが復帰すると再びボランチで起用され、外国人枠の問題もあり、徐々に途中出場が多くなっていった。

2000-2001シーズンは大型補強でローマの選手層が厚くなったため、開幕から首位を独走するローマではベンチを温める日々が続いた。スタメン出場も僅か5試合に留まったが、シーズン終盤の敗戦濃厚だったユベントス戦を途中出場から引き分けに持ち込み存在感を示し、日本人で初めてセリエA優勝メンバーとなった。

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E7%94%B0%E8%8B%B1%E5%AF%BF#%E3%82%A8%E3%83%94%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%83%89

ペルージャ - ローマ時代・1998年W杯(1998年-2001年)

中田英寿の体幹がすごすぎて笑ってしまう動画!尋常じゃないフィジカル&ゴール集 ● スーパープレイ

中田英寿 フィジカルモンスター

format_quote

ドイツW杯をもって日本代表から引退する事は以前から決まっていたが、2005年11月、中田は代表引退と同時に引退の意向を所属事務所社長の次原悦子に初めて話した。その後の話し合いで次原は中田の引退の意思が固い事を確認し、引退プロジェクトが始動。2、3月には守秘義務契約を交わした上で各スポンサーに報告を行った[17]。また、現役最後の試合となったW杯のブラジル戦の前に監督のジーコには、この試合が引退の試合になるという事を伝えている[18]。

2006年7月3日、自身の公式HP上[19] で引退を表明。「あらゆる人に、できるだけ同時にニュースが伝わるタイミングを狙った(次原談)」との理由で日本時間21時の発表となった[20]。チームとの契約は残っていたが、「もうお金はいらないから契約を切ってほしい」とチームと話し合い契約を解除してもらった[21]。

引退の記者会見を開かなかった理由については、ヨーロッパでは開く人はいないからと答えており、引退の理由にケガは関係なく、引退したのはサッカーを好きな部分が長きに渡って楽しめなくなったからと後のインタビューで答えている

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E7%94%B0%E8%8B%B1%E5%AF%BF#%E3%82%A8%E3%83%94%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%83%89

引退 - フリーランス(2006年-2016年)

これが20歳!?やっぱり中田英寿はすごかった!

中田英寿引退表明

このノートの投稿者

SPORTSNOTE公式

人気のキーワード話題になっているキーワード!

local_offer選手名鑑 local_offer選手の言葉 local_offer名シーン local_offerプレイバック
keyboard_arrow_up