FIFAクラブワールドカップ

format_quote

FIFAクラブワールドカップ(英: FIFA Club World Cup)は、国際サッカー連盟(FIFA)が主催する、クラブチームによるサッカーの世界選手権大会である。大抵は年度を付加して“FIFAクラブワールドカップ [開催国] [年度]”(英: FIFA CLUB WORLD CUP [country] [year])などのように呼称される。

出典:Wikipedia

event_note 2022/02/07 10:15

[歴史的大激戦!] レアルマドリード vs 鹿島アントラーズ FIFAクラブワールドカップ2016

ブックメーカーのオッズも「マドリーの90分間での勝利」が1.10-1.14倍なのに対し、「引き分け(延長戦突入)」のオッズでさえ7-8倍、「鹿島の90分間での勝利」に至っては20倍前後のオッズが設定される状況であり、試合前からレアル・マドリード(以下「マドリー」)の圧倒的優位を予想する見方が大半であった

event_note 2022/02/07 10:24

決勝戦までの道のり

format_quote

レアル・マドリード(スペイン)は、2016年12月10日に行われたリーガ・エスパニョーラ第15節デポルティボ戦で3-2の勝利を収め、公式戦「35」試合無敗とし、新たなクラブ記録を樹立するなど弾みを付けて来日を迎えた。準決勝で2年連続3回目の出場となる北中米カリブ海王者のクラブ・アメリカ(メキシコ)と対戦した。前半アディショナルタイムにFWクリスティアーノ・ロナウドとMFルカ・モドリッチが細かいパス交換で右サイドを崩すと、中央でボールを受けたMFトニ・クロースのスルーパスに反応してPA内に進入したFWカリム・ベンゼマが右足アウトでネットを揺らしレアル・マドリードが先制した。後半アディショナルタイムにもFWクリスティアーノ・ロナウドが追加点を奪って2-0の完封勝利を収めた。公式戦無敗を「36」の伸ばした

一方の鹿島アントラーズ(日本)は、2016年のJ1リーグ1stステージで優勝するも2ndステージで大失速し年間3位に終わる。しかし出場3クラブのうち最も不利な条件で迎えたチャンピオンシップでは準決勝で年間2位の川崎フロンターレを、決勝ではアウェーゴールの差で年間1位・2ndステージ優勝の浦和レッズを下し、逆転でのリーグ優勝を果たした。決勝第2戦の5日後に行われた開幕戦・オークランド・シティFC戦に辛勝すると尻上がりに調子を上げ、準々決勝・マメロディ・サンダウンズFC戦、準決勝・アトレティコ・ナシオナル戦をいずれも完封勝ちで突破、AFC所属クラブとして初めての決勝に駒を進めた。

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/FIFA%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%96%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89%E3%82%AB%E3%83%83%E3%83%972016%E3%83%BB%E6%B1%BA%E5%8B%9D

決勝戦までの道のり

[歴史的大激戦!] レアルマドリード vs 鹿島アントラーズ FIFAクラブワールドカップ2016

人気のキーワード話題になっているキーワード!

local_offer選手名鑑 local_offer選手の言葉 local_offer名シーン local_offerプレイバック
keyboard_arrow_up