坂本勇人

format_quote

坂本 勇人(さかもと はやと、1988年12月14日 - )は、兵庫県伊丹市出身[2]のプロ野球選手(内野手)。右投右打。読売ジャイアンツ所属。

2016年にセントラル・リーグの遊撃手としては史上初となる首位打者を獲得。2020年には右打者としては最年少となる31歳10か月で通算2000本安打(NPB史上53人目)を達成した[3][4]。

出典:Wikipedia

event_note 2022/02/03 11:25

【#坂本勇人】「ショートの寿命12年説」を破り、“歴代最強のショート”との呼び声も高い

2008年、巨人では松井秀喜以来の10代での開幕スタメン入り(8番・二塁手)を果たす。4月6日の対阪神戦において一軍での初本塁打を満塁弾で記録した。巨人で初本塁打が満塁弾となったのは1983年の駒田徳広以来25年ぶりのことだった[11]。19歳3か月での満塁弾というセ・リーグ最年少記録を打ち立てた[11]。開幕戦で二岡智宏が負傷した影響もありその後は遊撃手としてスタメン出場を続けたが、夏場には打率が2割2分台にまでさがり、代打を出されることも増えたものの、二岡の復帰後も遊撃手の位置を譲ることはなく全試合スタメン出場を果たした。打率.257、8本塁打、43打点の成績を残した。

event_note 2022/02/10 18:01
format_quote

高卒2年目でショートのレギュラーを二岡智宏から奪い取った巨人・坂本勇人が昨年12月で33歳を迎えた。これまで14年連続100試合以上に出場し、3割を5度記録。2019年の40発を筆頭に15本塁打以上を10度も放ち、ゴールデングラブ賞も5度獲得しており、“歴代最強のショート”との呼び声も高い。プロ野球担当記者が話す。

出典:https://news.yahoo.co.jp/articles/8bbd4acb59f9ed3da2bb5d3b38ee6eea3e1c22c5?page=1

巨人・坂本勇人の凄さがわかる「ショートの寿命12年説」 歴代名手の実績は

坂本勇人 巨人スカウトの目が一瞬でとまった甲子園でのヒット

format_quote

宮本は2月7日公開のYouTube『川上憲伸 カットボールチャンネル』で“ショート12年寿命説”を唱えている。コンバート後も含めてシーズン連続100試合以上出場を基準とした場合、前述の選手を見ると藤田12年、豊田12年、石毛14年(ショート6年)、池山7年、山下10年、高橋13年(ショート12年)、野村10年、吉田16年(ショート14年)、井端9年、鳥谷15年(ショート13年)となる。

出典:https://news.yahoo.co.jp/articles/8bbd4acb59f9ed3da2bb5d3b38ee6eea3e1c22c5?page=2

中日・宇野勝は「もっと評価されていい」

坂本勇人「今年はもっと感情を出したり、喜怒哀楽をどんどん出していいのかな」

坂本「長くやればやるほど、あんまり自分を出さないようになっているな、というのは正直あります。今年はもっと感情を出したり、喜怒哀楽をどんどん出していいのかなと思っています」

event_note 2022/02/03 11:30

【ファン必見】坂本勇人選手のキャンプ初日に密着!

format_quote

 全員が自分の背中を見ているからこそ、主将になってからは自身の結果に左右されないことを心がけていた。ただ近年は「スマートに野球をやっちゃっているのかも」と思うこともあった。だからこそ、今季は大きくモデルチェンジを遂げる覚悟を告げた。

出典:https://news.yahoo.co.jp/articles/f9f9f58852d6862a48bfe57f1f9a32ef089871f5

【巨人】坂本勇人が異例のタイトル宣言…首位打者と最高出塁率「取りたい」今年は喜怒哀楽どんどん出す

人気のキーワード話題になっているキーワード!

local_offer選手名鑑 local_offer選手の言葉 local_offer名シーン local_offerプレイバック
keyboard_arrow_up