イチロー

format_quote

イチロー(1973年10月22日[3] - )は、愛知県西春日井郡豊山町出身[1][2]の元プロ野球選手(外野手)。右投左打。本名は鈴木 一朗(すずき いちろう)。 現在はシアトル・マリナーズの会長付特別補佐兼インストラクターを務める[4][5]。血液型はB型[6]。

日米で通算28シーズンをプレーし、MLBシーズン最多安打記録保持者(262安打)[7][8]、プロ野球における通算安打世界記録保持者(NPB / MLB通算4367安打でギネス世界記録に認定)[8][9][10]、最多試合出場記録保持者(NPB / MLB通算3604試合出場)[11]である。

NPBで最多タイ記録となる首位打者を7回獲得し、パ・リーグ最多記録となる最多安打を5回獲得している。MLBでは10シーズン連続で200本安打を達成。アジア人史上初の首位打者と盗塁王のタイトルを獲得。アジア人史上初のシーズンMVPやシルバースラッガー賞、ゴールドグラブ賞(10シーズン連続)も受賞している。またアジア人史上3人目(日本人史上3人目、アジア人打者史上初)の新人王も受賞

出典:wiki

event_note 2021/10/29 06:55

【#イチロー /高校時代】高校時代は割と天才だった。コーチが来る、腹筋する、そういう高校生でした。

高校時代は割と天才だった。全く個人練習をしなかった。
チームメイトの中で一番練習してなかった。監督やコーチが来る時間だけやっていた。
コーチが来る、腹筋する、そういう高校生でした。
冷めた高校生でした。プロになるために高校を選んでいた。
プロに行くためのやることはやった。愛知県決勝で負けたとき、
みんな泣いてたけど、一人冷めていた。そんな僕を見て一人冷めた人がいた。

event_note 2022/03/03 09:38

イチローさんの知られざる高校時代に迫る!

イチロー「急ぐよりも自分の形で投げる、疲れたからといって、楽な形にならないように」

イチローさんが高校生と向き合うなかで感じている「面白さ」とは―。
「だって、(高校生は)あんなに喜んでくれるんですよ。で、キラキラしてさぁ。それが、やがてギラギラするようになったときに、どうなるかはまた楽しみなんだけどね」

event_note 2022/01/17 21:42

イチロー独占インタビュー「イチローさんが高校生と向き合う理由」第2弾

format_quote

■イチローさんのアマチュア初指導
20年12月、強豪・智弁和歌山高校を3日間指導。指導の最後に同校野球部員に「ちゃんとやってよ」との言葉を残すと、昨年の夏の全国高校野球選手権・決勝で、智弁和歌山は智弁学園を9-2で下し、21年ぶり3度目の全国制覇を果たした。

出典:https://news.yahoo.co.jp/articles/cd98bd8ec40c922227e8aa5fef939df55212d298?page=3

「無駄なことはできるだけやった方が良い」イチローさんが進学校・国学院久我山に伝えたかったことと高校生に向き合う理由

イチロー「ムダなことから学ぶことが多い 、ムダなことをしないと合理的になれない」

無駄”なことはできるだけやったほうが良いですよ、じゃないと合理的になれないでしょ。頭で理解しているだけのケースって今、多いと思うんですけど、それは危険だと思いますね、本来は。

event_note 2022/01/16 21:45

イチロー独占インタビュー「イチローさんが高校生と向き合う理由」第1弾

format_quote

「まあ、とにかく考えてますよね。練習ひとつ、どうやったら効果が生まれるのか。“無駄”なことができない危険があるんですよ。もう合理的に練習も進めていく。しょうがないですよね、時間がないから。当然なんですけど、でも“無駄”なことできない。“無駄”なことから学ぶことがやっぱ多いので、それができないのはかわいそうでもあるけれども、でもそれはしょうがないんだ。(無駄なことは必要?)“無駄”なことはできるだけやったほうが良いですよ、じゃないと合理的になれないでしょ。頭で理解しているだけのケースって今、多いと思うんですけど、それは危険だと思いますね、本来は」

出典:https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2022/01/11/kiji/20220111s00001000290000c.html

イチローさんが高校生たちと向き合う理由

人気のキーワード話題になっているキーワード!

local_offer選手名鑑 local_offer選手の言葉 local_offer名シーン local_offerプレイバック
keyboard_arrow_up